FC2ブログ
ペダルふみふみ。
ロードバイクに乗ると手(脚?)を抜けません。今日も信貴山界隈でゴリゴリペダル踏んでます。
美山サイクルロードレース
こんにちは、あだっちゃいです。

2週間前になりますが美山サイクルロードレースに参加してきました。

美山はもう30年続いていてクラシックと言ってもいい伝統ある市民レースです。

今回ぼくは初参加。

まあまあ歴も長くなってきましたし、コースプロフィール的にも好きなコースなので意外っちゃ意外です。

まあタイミングがありますよって。


参加するカテゴリーはC2。一周10キロのコースを4周、約40キロです。

初めてなので何とも言えませんが実力やコースからして上位に入る可能性は十分あると思ってました。


なのでけっこう本気モードで準備しました。

どれくらい本気やったかと言うと


ビールを2週間止めるくらい。


これは凄いことですよ、奥さん!


そしてその間の夕食もサラダとサラダチキンのみ

最近たるんでいた身体を引き締めました。


しかしトレーニングはそれほど意識せず、きっちり乗り込むことだけ意識して。


そしてなんと言っても今回劇的に変わったのが愛車!



kokoroちゃんに譲ってもらったドグマ F8!

まさか自分がこんな凄いハイエンドバイクに乗れることになるとは思ってもみませんでした。

この話が決まってから、なんかもう夢を見ているようでフワフワしてましたし、実際受け取ってフレーム眺めてるだけでも酒が進むでって、この話はまた改めて書きます。




そんなこんなで準備万端。

当日は試走もしたいので朝早く4時前に出発して5時半に到着。予約早い者勝ちの駐車場はメイン会場真横の好立地でした。


程なくして今回同じカテゴリーのmasabowちゃんと大仏さんも到着。C4に参戦のかおさんも一緒にコースの試走へ。

大仏さんは去年C3で表彰台上がってるんでコースについていろいろ教えてもらえます。


と、思ったら、ちょーちょーちょーっと待って!

いきなりペース上げ始めるもんやからスロースターターのぼくやマサちゃんは悶絶、泡吹いてましたw

それでも一緒に走ってもらってタメになりました。落車ポイントとか落車ポイントとか落車ポイントとか。


終盤の勝負どころの九鬼ヶ坂では大仏さんもマサちゃんもめっちゃ速いからまた泡吹きました。


うーん特にマサちゃんはこれ、仕上がってるぞ。

毎日のように一緒に走ってて感じてましたが、これはもう認めざるをえません。

でも楽しみだ!


もう一周軽めに走って試走もアップも完了。

なんせ一周10キロあるんで2周も走れば十分。



その後もゆっくり余裕を持って準備して早めに招集場所に向かいます。


ここでkokoroちゃん、けつおちゃん、オオタちゃんたちが自走で応援に来てくれました。

嬉しいです。他にもアキくんとかいつものようにカメラ担いでマルちゃんもウロウロ。


みんなでダベってたら、


腹が減ってきました


なんでかな?けっこう食べてきたつもりなんやけど

そしたらkokoroちゃんが食べます?とオニギリ一つ。なんて優しいんや。


ありがとう!きっとこのエネルギーは表彰台の階段を上がるパワーに変わるだろう!(レースには間に合わない


とかやってるうちにカテゴリー詐欺疑惑のカメさんがきっちりC4でダントツの勝利。盛り上がります(いろんな意味で


そしてさあ、いよいよスタートです。


さんざん待たされた反面スタート位置に着いたら1分くらいでスタート。

思ったより早くてビックリ。

今回並んだ場所は中途半端に早く行ったから、ほんまにど真ん中でした。

200数十名のど真ん中は恐いよー。

ナニされるかわからんよー。


と思ってたらやっぱりリアルスタート前のローリングで落車発生ww

そんなに急いでどこ逝くの?


リアルスタート後もなかなかカオスな集団。40キロあるんやし、最初からそんなガツガツしなさんなって。


しかしやっぱり公道を走るレースはいいですね。これぞロードレースていう感じ。

走ってて楽しいです。

楽しさを感じつつ一周めの九鬼ヶ坂へ。

ここは900メートルほどで、勾配は9%。

短いし変速リスクを考えたらアウターでいくのが無難かなーと言うくらいのとこです。


一周目では周りの人たちの脚をチェックしながら淡々と。

ちょっとペースは速かったけど、まあ自分の前で走ってる人たちはまだまだ余裕があります。当たり前やけど。


しかしこんな坂の一周目で早々にちぎれてる人たちは何を思ってこのカテゴリー選んだんやろ?思い出作りなら前で邪魔せんといてほしいもんです。

実際ここでも落車が起きてました。必死になって下向くし、最短ルート通ろうとして斜行するし、それ避けようとしてスライドしてくるし。


とにかく巻き込まれんように。

マサちゃんも近くで淡々と走ってました。大仏さんもなんとか粘ってます。


そしてキーポイントの下り。


んー、どうもビビってるのか周りの人たちの下りは遅かったです。

そしてなぜか左車線キープでお行儀良く一列になって下ってはりました。


というわけで、ごっつおさんと右から一気に前に行きます。


こういう場面ではデブってて良かったと思いますね!

すぐそばで同じスピード出てたマサちゃんも同じこと思ってたでしょうね!


そんな感じで2周目も3周目も特に動きもなく、集団の中で淡々と。

200人超えから考えたら減ったとは言えまだまだ集団は大きいままです。


コントロールラインの辺りは少し狭いので集団の密集具合が増すのですが、ここのゆるいカーブでブラケット握ってるぼくの右手がだれかの手に触れました。

ワイ「あ…ごめんなさい!」

相手「あ…!」



と新たな出逢いが生まれる瞬間かと思いましたが


相手=マサちゃんでした。


おい!お前か!

そないぴったり一緒に走らんでもええやんけ!

ガハハ


とまだまだ余裕ww


レース展開の方は、時折前に飛び出す人がいるも決定的なのはなし。


大きな集団のまま最終の4周回目へ。


ここで登りまでに前に出といたほうがいいかなと思いつつ、スケベ心で集団の中でぬくぬくとしてしまいました。


そんなわけで九鬼が坂入る頃になっても集団の中盤あたり。


そこでやっぱりかかり始めます!


近くにいたマサちゃんと同じようなタイミングでふみふみ。一気にゴボウ抜きして前へ前へ!


なんとか先頭のひとかたまりが手に届きそうなとこまで追い上げます。


このときの僕ら二人のタイムはなかなか良かったようでC1のペースとも遜色なかったみたい。


でもそれを後ろから追い上げるのだけに使ったらもったいないですよね。


しかしあとは得意の下り!

下りでもしっかり踏んで飛ばしていきます。


なのに前にいた子が小柄で遅い。ラインを塞がれてちょっとイライラ。


やっとコーナー抜けれる!ここでもう一回踏み直しや!


と思ったのが焦りになって、なんと右ペダルを路面にヒット!


バランスを崩してうわっと思いましたがなんとか立て直して踏み直し。


これはホンマに反省です。

自分のポジションのまずさにイライラしてしまって、下手したら周りを巻き込みかねないことをやってしまいました。


直後を走ってたのが上手いマサちゃんで良かったです。ゴメンよ。


しかしそこからなんとか立て直して下りでも思いっきり踏み切って追走。マサちゃんを従えて先頭グループに取り付きます。


そして鋭角コーナーを無事にこなしてあとはド平坦!


さあ!どうする!ww



残ったけど集団はトップスピード。ぼくは中盤。

いつもならここで早めのアタックなんですが、ここでまた消極的なスケベ心が。


小集団ならワイでもスプリントしたら年代別でちょっとは引っ掛かるんちゃうか!


とアタックを躊躇ww


いよいよゴールが近づき、各選手スプリントに備えて位置取り争いが熾烈になります。


と、ここで押し出されて、というよりインで押し込められてジ・エンドw


マサちゃんはキッチリ身体をねじ込んで前に出てます!


ふと横を見たら


ええ!めちゃ集団デカくなってるやん


テンションだけ上がってて周り見えてませんでした。

そのまま「前の方」でゴールしただけ。


マサちゃんはええ位置でスプリントしてます!トップは取れてないけど表彰台はイッタな!


んー、それならマサちゃんのために前をもっとひいたったら良かった。


すまぬ。



というわけで自分的にはなんともしょうもない総合19位、年代別8位という結果。



マサちゃんは年代別で優勝しててホンマにオメ!

ちゃんと照準を合わせて準備してトレーニング積んできた結果を出せたんやからスゴイです。

これまでロードレースでの実績はあまりなかったけど一気にスゲェやつ取りよったわ。


大仏さんもしっかり完走して次に繋がるイイ走りしてました。



美山。初めて出ましたけどイイですね。楽しい!



しかし悔しい!!


次こそ頑張るぞー


















スポンサーサイト



大阪クリテリウムin舞洲 2019春 C2
こんにちは、あだっちゃいです。


今回もまたレースだぜ。もう3週間前の話ですけど



今回はまあまあ得意にしている舞洲クリテです。カテゴリーはC2。

C2ではそこそこいい成績をこれまでにも何度も出しているのですが、大阪車連の運営のこのレースはC1は実業団登録者のみエントリー可能になっていて、ぼくら未登録ホビー勢にはC2が実質最上位クラスなのです。


今回エントリーしてる身内は毎度お馴染みの大仏さんにヨシ。それに今回は超クセモノのmasa某ちゃん。


大仏さんはぼっち練してるだけあって独走力あるし、ヨシは強烈なスプリント持ってるし、マサちゃんはやっぱり全方位に強いし賢いから最終局面で動いてくるでしょう。

あと事前にマークしてたのはユーロワークスのKミズさんは去年までのバリバリE1レーサー。なんで真のゴリマッチョさんがこんなとこにいてんのよ?

そして昔から同じレースでよく負けてたKモトさん。まあクセモノです。失礼ですけどw

それに毎度のバルバが29人中11人ww。相変わらず多いわ


今回みんなで話してて、なんかようわからん人らに逃げきられるのだけはやめとこなー、と。

うちら四人協力しあっていい成績収めたいと思ってました。


当日は早朝の試走をして毎回変わるコーナーの侵入スピードや角度をチェック。

あと天気は晴れ神様の大仏さんご本尊が現地にいるので安定の晴れ。風はホームストレートがちょい向かい風。


直前に走ったアンダさんはC4でスプリントして3位表彰台ゲット。幸先ヨシです。

2019042822365694f.jpg



C3走ったくにさんはいつも余裕で、今回も上位に入ってたのになかなか優勝できないのは、飲酒運転のせいです。


というところをローラーふみふみしながら。



前回レース前にダベりすぎて招集に遅れてスタッフに怒られたので今回は早めに並びます。並んでも意味ないんですけどね。

ちなみに大阪車連の舞洲クリテはレース前チェックがあって検車とヘルメットチェックとゼッケンチェック、出走前サインがあります。ヘルメットはちゃんと脱いで検査され、ガイツーで買ってJCFシール貼ってないやつやと、あからさまにイヤな顔されますんで気を付けてください。あと、ゼッケンも両面テープだけやと注意されますんで安全ピン併用。

20190428223707a86.jpg
しかし驚きの白さ()



そんなこんなでレーススタート。


ローリングスタート直後にやっぱりKモトさんが様子見アタック。まあこれは予想通り。強そうな人が乗ってないが見てとりあえず静観。Kモトさんもさっさと止めて戻ってきます。


まあしかしペースが遅いのはいつも通り。


と思ったら3周めくらいに大仏さんが飛び出してます!


あ、これガチなやつや!


ただ、この逃げには誰も乗らず大仏さん単独になりました。

それもあってか、いいかんじで集団から離れていったのでこっちはナイス!と。


20190428223729009.jpg



ロードレースにおいて誰かが逃げるとそのチームメイトは先頭交代や追走に加わる必要がなくなります。

だって勝つために仲間が逃げてるんだもん!て言えるので捕まるまで後ろでヒラヒラしておけば良いわけです。


でもそれじゃ面白くないので。



ちょっと前行って邪魔してくるわーキャッキャ


と後方で並んで走ってたマサちゃんに一声


ささっと3~4番手くらいまで上がってローテに入るフリをしますw


20190428231748ee5.jpg

20190428223829b44.jpg

まあ前を牽こうとしてるのは3~4人くらいかな。バルバは一人だけ。たまにもう一人。


何も考えてない集団前方の人たちはぼくに先頭交代を要求してきますウヒャヒャ


というわけで先頭に出たら徐々にスピードを落とし力を使わずペースダウン。

20190428223838933.jpg

そしたら、たまらず後ろから上がってきて前を牽いてくれます。


そんなのを繰り返しつつ、ちょっとアタック気味にかける人が出たらそれを追走。せいぜい2~3人のパックなのでここではローテに入らず後ろでツキイチしたり。

20190428223739e18.jpg



バルバの若い子がしきりに先頭交代を要求してヒジをクイックイとしてきますが


20190428231657a23.jpg


ソッポ向いて鼻歌歌いつつ無視したり。

あのね、前にチームメイト逃げてるのに追いかけるわけないやんww


邪魔されるのがイヤなら1/3以上もいてる同じ色のジャージ着てる人たちと協調して追いかけたらええねん。


まあそれをしたらしたで、数の暴力や!て言うと思いますけどw

実は今回は大仏さんの逃げ切りやマサちゃんのアタックなどの可能性があったので、自分の勝利より全力でアシストしてもいいと思ってました。がんばってや!


そうこうしてるうちに周回は半分を過ぎていきます。


20190428224050fb2.jpg

大仏さん鼻水たらしながら、ほんまGJ!


でもさすがに全体のペースは遅いし脚も残ってるしということでKミズさんが様子見アタック。


あ、これはアカンと追走。


2019042822374897e.jpg


15秒ほどあった大仏さんとのギャップがあっという間に詰まりました。


ぼくは大仏さんを吸収するまではツキイチ。全く前に出ません。

捕まえたところで軽くローテしますが、後ろの集団もしっかり追走してきたのでいったん止めます。

そこからも大仏さんは集団を牽いてくれてました。なのでぼくはまた後ろでヒラヒラ。

ほんま助かります


そしたら今度はまたKミズさんとKモトさん、もう一人ユーロワークスがアタック。それに大仏さんも。


いやいや、これは逃がしたら決まるヤツや!と必死に追走


と同じこと感じたマサちゃんも同じタイミングで追走w

20190428224121e33.jpg

なんとか追い付きましたが、結果踏みやめたのでまた吸収。


そのあとちょくちょくアタックする人もいますが、どれも弱い。

しかしこの程度のペースアップに後ろは着いてこれてないのかして、まあまあちぎれてる様子です。


チラッと見たら後方集団でバルバがローテーションしてましたw。いや今かよw


そんなこんなで残り3周。バルバの一人がちょっと抜け出してますがすでに失速気味。

あれが吸収されたところでカウンターアタックかな。ちょうどぼくの思てたタイミングになりそう。


案の定、残り2周のコントロールライン通過したあたりで吸収。カウンターは誰もせず、そのままバックストレートにきたので、


よーい、ドン!

20190428223848fa2.jpg



まさかのアタックタイミングがマサちゃんと丸被りww


うまく二人で抜け出せたら!と思いガンガン踏み込みます。


しかしちょっとこちらに分があったか、マサちゃんはぼくの後ろに付けず。


とにかくぼくは単独になりました。


20190428224003ab5.jpg

ここからはぼくの得意領域。2分全開でいくのみです!


コントロールラインを通過して最終周のジャンがなります。後ろとは300㍍ほど離れたか!

みんなの声援を受けてとにかく踏む踏む。


しかしさすがにバックストレートでちょっと失速。50㌔くらいは出てたと思うけど。


そしたらその雰囲気を感じたKミズさんが後ろからアタック!


してたみたい


20190428223819437.jpg

最終コーナー手前で後ろ振り返ったらみるみる近づいてきます!


マジかーー


これ、追い付かれてスプリントになったら勝ち目ないぞ。


でもこっちもギリギリ。コーナーは先頭で抜けますがすぐ後ろに付かれてしまいました。

それでも今回は諦めずなんとかスリップに入ってスプリントしようとします!

20190428223758179.jpg

ぬおー!おりゃーー!!





ちーん。




20190428223856cc3.jpg

役者が違いました。そりゃそうすよねー(白目


というわけで、またしても2位


またしても2位!狙ってるレースで!

201904282238100c0.jpg

うーん、なんか最近シルバーコレクター化してるような。

そもそもぼくの戦い方って、0か100か。みたいなやつなのにひたすらチュウトハンパな成績残してるのなんで?


精進が足りません。


この表彰台でのふてくされた顔よw

201904282239118c5.jpg

でも今回も応援いっぱいいただきました!いつも家族で応援にかけつけてくれるにいやんたち。アキくんやカバちゃん


20190428223718069.jpg
20190428223903907.jpg

みんなの応援はここぞの力になりますし、めちゃうれしいです!いつもありがとう!





テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

堺浜クリテ第5戦 エリート
こんにちは、あだっちゃいです。


最近レース続きですが、今回は堺浜クリテ第5戦の話。

前回の第4戦でまあふつうに走れたんで調整がてら出とくかー。と金太郎カップにエントリー。


当日朝は職場で段取りだけして自走で堺浜へ。


8時過ぎに国分出てゆるゆる行ったらギリギリでした(汗


着いたその足でトイレ行って受付してゼッケン付けての一連の流れ。


見物に来てたマサちゃんやアキくんとダベってたらすぐに招集。


マルちゃんから今日はどんな感じでアタックすんの?て聞かれたから、終盤いくで!て言うときました。というわけでカメラ構えといてくれるやろw


20190406161936d38.jpg


前回はエントリー少ないのもあってマトリックスの選手は一緒に走りませんでしたが、今回はチラホラと入ってます。

それでも勝負に影響するような牽きや逃げ潰しなどもなく、アシストするようにときどき顔を出す程度で良い感じでした。


そして今回も風は東からの弱い風。


201904061630192f8.jpg



このレースには5周ごとに周回ポイントがあるので年間ポイントが絡んでる何人かはそれに合わせてアタックしたりスプリントしたり。

でもそれが決定的な逃げにもならず、そこそこ良いペースで終盤へ。


やはり年間ポイントリーダーの高校生がめちゃ強くスプリントでは敵なしなので、みんなその子をマークしてなかなか脚を使わず集団のままです。


なかなかしょうもない展開やったし、ぼくには集団スプリントを征する脚もないんで、今回も当たり前のようにアタックのタイミングを伺っていました。


今回の自分のタイミングはラスト2周のバックストレート。

しかしその前に良い感じのアタックがあればそれに乗れるよう位置取りとギアの準備をしときます。


で残り3周。決定的なアタックは出ず。


残り2周。自分のタイミングが近づいてきました。


バックストレートに入ったところで前目に位置取り。そしたら二人ほどいきました!


これはナイスな展開!ブリッジして二人をうまく使えそう。


で、すかさずぼくもアタック!


すぐに二人に追い付きますが勢いがすでにないのですぐにパス。


単独でかけます。

ゴールラインを単独で越えジャンが鳴ります!


20190406162142f3c.jpg



第一コーナーのあたりではガヤからの強烈な声援が聞こえました



えんちょー!


いけー!





まあ見事に野太い声援ありがとうございます


20190406162119a12.jpg
呑気なもんやでw




201904061630333d7.jpg


必死のパッチで単独のままバックストレートまで来ましたが、ここでなんとマトリックスの選手がブリッジをかけて一気にぼくの前に。


20190406162113092.jpg

201904061621055e7.jpg


ぼくをアシストしてくれるんでしょうか?


20190406162059f33.jpg




後ろ付いて!


え?ああ!あざます!







いやムリっす!




勢いが凄すぎて付くに付けませんww


それを見て少しペースダウンしてくれてようやくギリ後ろに。


でもスリップを感じることもなくキツイ!


(写真やみんなの話を確認したら後ろから追走してたのはユーロワークスのてんちょやったみたい。やっぱりこのへんの嗅覚というか勝負勘は流石ですね。これで集団が一気にスピードアップしたとか)



でもなんとかかんとか最終コーナーまできました。


しかしすぐ後ろに集団が迫り、ここで万事休す。




この時の模様はマルちゃん珠玉の写真をご覧くださいww



201904061620515b6.jpg
20190406162039a56.jpg
20190406162029ffc.jpg
201904061620186c1.jpg
20190406162009b75.jpg
20190406161958d84.jpg





というわけでゴール100㍍手前で掴まり、調子のったぼくは集団にフルボッコの末、無情にも飲み込まれてしまいました。

最後は流して終わり。15位くらいやったかな。まあ順位はどうでもいいです。



20190406170608a6b.jpg

20190406161950aad.jpg


みんなからは、園長カッコ良かった!て言うてもらいましたけど、まあ悔しかったですね。


やっぱりぼくは、逃げるからには勝ちを狙いにいってこそやと思てます。


マルちゃんに良い写真撮ってもらうためではないんすよ(それもあるけど←あるんかい


今回優勝した子には恐らくスプリントでまともにやっても勝てない、となるとぼくが勝つために可能性の最も高いだろう展開がアレやっただけです。

まあ決まればカッコいいですけど、実力が拮抗していればなかなか決まりません。



つまり100を狙いにいって0やったということで。



ほんまはフルスイングして当たればホームランみたいなこんな戦略取らんでもいい脚質ならいいんですけどね。


でもあの集団の中で少しでも勝ちの可能性のあるアタックをできたことは良しとして、次の舞洲に臨みます。





レースのあとは観に来てたLipちゃんに、なんか近所に旨いもんないんけー?とゆすって、スパイスカレーのヌンクイに行
くことに。


masaちゃんと、手前のセブンイレブンで捕獲したヨシを連れて行ってきました。

201904061708397f4.jpg

20190406170833c75.jpg


ジテツウおじさんが大好きで通うだけあってめちゃ旨かったです。

ここは堺浜帰りに行きたくなるなあ。



ではまた!たぶん次もレースの話!




テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

メモリアルシクロクロス
こんにちは、あだっちゃいです。


またレースの話なのですが、もう3週間前になってしまったメモリアルシクロクロスに参戦してきた話。

運営はいつもの関西シクロなのですが、シリーズ戦ではなく番外編。

東日本大震災のメモリアルとして関西からエールを送ろうとの趣旨だそうです。

いいですね、こういうの。



今回はうちからめちゃ近く、富田林の石川沿いの河川敷で開催されますし、チーム対抗のエンデューロがあるんでおもろそうやん!とにいやん、くにさんとエントリー。

最初に誘ってくれたメガネさんは、Lipちゃん、下忍くんとチームに。


そしてそんな折りにとのちゃんがクロスバイクで出てみよかなーて言うんで、


ほなうちらのチームに入って好きなだけ走ったら?となりまして


いっちょやったるかー!と男女混合(美女と野獣)四人チームに。


獣臭い汗臭いおっさん臭い3人の中に美女が入るので大喜びなくにさん。


しかし一つ問題が



今回のチーム名を




GSJ-CX ウッキウキにしてしまってたことです(最初はB地区ウッキウキにするつもりやったw




こんなことになるとは思わず、悪ふざけを反省していましたが、そこは寛容なとのちゃん。




気分ウッキウキで楽しみます!( *´艸`)


とか爽やかに言うもんだから、ゲスなおっさんたちは救われたのでした。


201904011225414c0.jpg
オレオさん、いつもありがとう!


で、当日。





安定の雨予報



さすがLip。今年のシクロクロス全戦雨のその才能を出し惜しみしません。

Lipめ会ったらただじゃおかんぞ


と心に決め、とりあえずまだ降ってないしレースは昼前からやからFRATへ。

今日はこのあと雨降るから朝練だけしに来る人多いやろなー


と思って行ったら


20190401123601aab.jpg



コノザマ(ΘдΘ)



おい、まだ降ってへんぞ。走れよお前ら(*`ω´*)

と好きでもない十三峠を一人で走る羽目に。


ひとしきり信貴の山奥で悪態ついてから、帰ってゆるゆる準備して今回も自走で参加。


途中雨がぽつぽつし始めましたが、着いたら立派なテントを立ててガヤスペースが出来てました。雨の日にこれは嬉しい!

くにさんありがとう。

20190401122518df7.jpg

チェアに座っておやつ食べつつレースの観戦。


なんか知らんけどくにさんとLipちゃんは抜きつ抜かれつのバトルやっとるし、にいやんはマジメに走っとる。なんか知らんけど。


どれくらいマジメに走ってたかというとこんなかんじ。


2019040112252643f.jpg





www


にいやん、ウッキウキでシートポスト新調してきたらコノザマ。

一本締めのシートポストは固定力が弱いとは言うものの


最後のゴール前、ぶっくんとのスプリント!というタイミングでこれってww


そして大爆笑で追いかけるガヤ。



なんとも和やかなレースでした。

201904011225320a7.jpg


…て、オマエラ本番はこれからちゃうんかい┌(`Д´)ノ)゚∀゚)


レースを終えた連中がテントでまったりメシ食いながらダベリング。


20190401122547c74.jpg


出走順どうするー?


そもそも誰がどれだけ走るん?


とりあえず園長が50分、とのちゃんが50分、ワイらが10分ずつでええかー。



て、おい!


だってワイら60分エンデューロ走ったし。


いや、それ関係ないやろ?そもそもなんでガッツリ走っとんねん



まあとりあえず園長スターターやってや。


てなりまして3周走ることになりました。




スタートはチビッコを先頭にローリングスタートと和やかに。


20190401122049645.jpg
20190401122153fc6.jpg


一ヶ所あるステップは回避コースがあり、シケインも高さを選べるという緩さ。

20190401122116796.jpg

コースは雨の影響でぬかるみがやや多め。スピードがかなり落ちるところもありますが降りるようなとこはありません。


そしてシケイン、ステップとも乗車で越えれそう。


実際3周目にステップでチャレンジしてみたらバニーホップで越えられました!


だれも観てなかったけどw


結局3周で30番手くらいから10人以上抜いてにいやんにバトンタッチ。


20190401212621939.jpg




ぼくはしばらく走らないのでサポートとガヤに回ります。





そして次はいよいよとのちゃん。なぜか緊張してそわそわしてますw


無事にバトンタッチして2周の旅へ。

20190401122353d85.jpg
2019040112232182b.jpg


がんばってましたー。


帰ってきてくにさんと交替したとのちゃん。

どうやった?て聞いたら


あのね、、、しんどかったです


だってコーナー曲がるたびにマルちゃんいてるんですよ



そらキツイww


というわけで今回もマルちゃんいっぱい写真撮ってくれまして120分エンデューロだけで3000枚くらい撮ったとかw素晴らしい!



20190401211731e31.jpg
20190401211758a06.jpg
20190401211724864.jpg
20190401122251709.jpg
20190401122301708.jpg
201904011222146a1.jpg
20190401122236f9c.jpg
2019040121261232b.jpg
20190401212605e39.jpg
20190401122711cc2.jpg


まあワイのステップ攻略失敗大回転クラッシュや泥はまりポテチン落車は撮ってもらえんかったけどな!


20190401122556758.jpg
201904011226079dc.jpg


心配した雨も短時間の小降りですんでほんと晴れ神様のおかげです。


20190401212559006.png


ご機嫌麗しゅう。




今回もほんと楽しく遊べました。こういう真剣勝負じゃないイベントもええなぁと思いました!

というわけでシクロクロスシーズンはこれで終了。また来シーズンー!



20190401211751505.jpg











第19回 スズカエンデューロ
こんにちは、あだっちゃいです。


最近ブログはサボリ散らかしておりまして。

まあそこそこには乗っております。そこそこには。


この2ヶ月いろいろありましたが11/10に鈴鹿エンデューロを走ってきました。

エントリー費がまあまあしますし、苦手な長距離系なので当初は出るつもりなかったのですが、よく一緒に走ってるおーちゃんから出場権を譲っていただいたので走ることに。

出るのは4時間ロードソロです。


去年の春にも出たのですが、あれはアタック120㌔でしたので実際には走行時間は3時間切るくらい。

今回は4時間走りきらないとあきません。

最近ロングライドどころかたいした練習もしてないのに走れるんやろか、と一抹の不安が。


まあもらったチャンスやし楽しみますか!今年は日程が丸かぶりした沖縄に強い人がいっぱい流れてるやろし!


と、2週間前からビールも止め、インターバルの練習したり(マジやん


迎えた当日は一人でぷらぷらと鈴鹿入り。


くにさんがズルして取ったナイスな場所のピットを間借りさせてもらい、いそいそと準備。

20181201042125469.jpg


今回の参加賞はいつもの靴下じゃなくてアームウォーマーなんですね。

20181201042118009.jpg

使いどころがますますわからんw


わからんくて脚に着けてる人もいてましたしw

確かに腕に着けろとは一言も言ってないんでいいんですよ。捉え方は人それぞれ千差万別森羅万象。


軽く試走してトイレ行ってゼッケン付けたりエネルギー補給したり。


そうそう、今回は脚つり防止のため前日から水分を多く摂り、塩分も多目に。

ぼくが長距離レースの終盤でことごとく失速する原因がほとんど脚つりなんすよね。


だからプロゴリラーたちのアドバイスを聞いて対策しときます。

20181201042108a83.jpg
(とにかく水を飲め!)





そんなことしてたら招集時間を過ぎていました。


まあでも慌てることなくふらふらとスタート位置に。

同じくソロで参加のイワゴンさんと。


201812010457467aa.jpg



撮れ高おじさんのマルちゃんは一人でソロ8時間にエントリー。カメラをもぎ取られて心なしか元気がありませんw(自分でエントリーしてるのに


酒臭いくにさんもゆるゆる8時間のほうのスタートへ。


みんなそれぞれに気合いも気持ちも違っておもしろい。


ぼくのほうはまあまあ気合い入ってて上位ゴールを目指してサイコンもエンデューロ仕様に表示変更(今ごろ

2018120104222281b.jpg


しかしこのとき…



なんとすでに尿意がww


意識して水分摂りまくってたツケがいきなり来ました


スタートラインで30分くらい待たなアカンとは言え4時間エンデューロのスタート前にすでにオシッコ行きたくなるのはヤバイような…


うーん、どうしよか。この大群衆をかき分けてトイレに行くべきか。


とか我慢してたらもうスタート前に。



まあ…なんとかなるやろ!



レースレース!


レース始まったら忘れるやろ!汗かいて水分飛ぶし!


と、4時間トイレ我慢耐久レースがスタートww


レースのほうはと言いますと、最初のローリングスタートからのリアルスタート直後の爆上げがあるかと思いきやそうでもなかったので危なっかしい人たちを避けつつ集団中ほどでひらひらと。


しかししかし、この余裕のペースが仇となりまた尿意が…


あと3時間半かー


とか思い始めたらもうダメですね。


レース中は脱水状態になるとはいえ、一度先っぽまで落ちた水分が汗になることはないみたいでw


ここからはレースの展開どころではなく、ひたすら自分(の尿意)との戦い。

まあこのことをあとから話したら、そんなんサッサとトイレ行けばええやんとか、漏らしたらええやん(アカン)とか言いますけど、やっぱりできるだけ先頭集団に残ってがんばりたいと思うわけですよ。

トイレ行けばそこで終戦なわけやし、漏らせばそこで尊厳を失うわけやし。


とにかくそのことで必死で走ってたら知らん間に集団がめちゃ小さくなってましたw

マトリックスの土井さんがこっち来て、ここ集団の最後尾ですよー、がんばってー。

て言うてくれるまで気がつきませんでした。


そんなこんなでほぼ無意識で走り、気を紛らすために補給食採ったりしつつ先頭集団で走ること2時間半。

途中2時間と3時間経過時にくにさんにボトル運びをお願いしてたので、1回目の補給を受け取りつつしゃべったり、くにケツを風避けに使わせてもらったり。あれはなかなか気が紛れて良かったですw




でも…さすがにキツくて。

意識を紛らすために色んなこと考えますが、やはりすぐにトイレのことが頭にw


コース脇でたっしょんしたろかと思たこと3回、ボトルにホース差し込んで入れたろかと思たこと1回、そのまま漏らしつつ走ったろかと思たこと20回。




最終的には股間が痛くなり、下腹部あたりにも痛みが。我慢しすぎてウェッとか変な嗚咽までww


というわけで結局トイレに駆け込みましたww



しかしトイレでも大渋滞(´*ω*`)でモジモジ。ウヘー


まあなんとか事なきを得ました。ふぅー



トイレから出たら今まで何に悩んでいたのだろうかと悩むほど爽やかに!




20181201042142efc.jpg

実に晴れ晴れした気分でコースに復帰します。


しかしレース的には文字通りにも気持ち的にも切れちゃったんで、そこはツラいとこ。

とりあえずラップされるであろう先頭集団にもう一回ジョインするかーと淡々と一人でペース走をします。

そしたらその単独走が他の人にもちょうど良かったのか、しばらくの間ぼくを先頭とするそこそこな集団に。

なんでやねん。

当然だれも前を代わってくれへんし、後ろに着いてる人の一人は自分のチームメイトを見つけたら

おーい!乗って乗って!一緒に行こう!


とか言うてるしw

いや、おまえツキイチしてるだけやんけ!だれやねんおまえ

とか思いましたけど、特に振り返ることもなく優しさ牽きでしばらく淡々と。




そしたら今度はサドルに異常が!


レース前にのむらぼで大工事の末にようやく交換したシートポストが下がり、ダンシングで太股が当たるだけでフニフニとサドルが動くほどにw(のむちゃん悪くないよ

でもさすがにこれはアカンと、ピットイン。くにさんに工具を借りて締め直して再スタート。


なんとまあトラブル続きですが、原因は全部自分なので誰も責めれません。


そのあとは結局脚つりながら一人で走り、トップから2周マイナスでゴール。


20181201042208e25.jpg

まあほどほどに出涸らし状態




結果はソロで12位、年代別6位と意外と悪くない成績でした( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

2回ピットストップした人の中では優勝でしょ。たぶん



今回はくにさんを途中の補給係に使うほどまあまあ気合い入れて挑んだんやけどなぁ(くにさんありがと


相変わらずの脚つりとトイレ問題。みんなどうしてるんでしょうね。


果たして今回の対策が良かったのかどうなのか。

あとはコムレケアとハルンケアくらいしか思い付かないのですけど…



20181201044951442.png


いっそオムツでもして走るかー┐('~`;)┌



今回、なんかひたすら苦しいレースでしたが全体的には楽しかったですよ!

やっぱり大きなイベントはいいですね。気持ちがアガります。


おーちゃんありがとー(人´∀`)♪









テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ