FC2ブログ
ペダルふみふみ。
ロードバイクに乗ると手(脚?)を抜けません。今日も信貴山界隈でゴリゴリペダル踏んでます。
落車
こんにちは、あだっちゃいです。


いやーまたやっちゃいました。




落車。ε=(*ノ´Д`)ノ



先週の月曜の話なんですが…



この半年ほどで3回目です。


さすがに多すぎですね。



一つ目は去年の夏、ぶどう坂の下りで激しく落車。

気付いたときには体で地面滑っていて右半身ズルズル。


20180209175648a65.jpg






20180209175655434.jpg



これは痛かった( T∀T)




もう一回は12月。三郷ルートの下りで落ち葉の上に乗ってしまったと思ったら滑って転びました。

あとから見たらふわふわのいちょうの落ち葉の下にヌルヌルになってる落ち葉がびっしり。




20180209175641d51.jpg

そら滑るわ。


このとき下ろし立て2回目くらいのGSJ長袖ジャージのヒジ破って、そっちのほうが泣きそう。




で、今回。



三郷から王寺に渡る藤井の橋でした。


朝7:30くらいの通勤中。気温は-1℃くらいで冷え込みはそこまでってかんじなんですが…。
前のクルマが信号待ちの列に並ぶのにブレーキかけたので、その後ろで同じようにぼくもブレーキかけたら後輪が滑り出しまして、オオッと態勢立て直したんですが、完全に凍ってる部分に乗り続けてたみたいで、そのあと前輪を持っていかれてジエンド。





20180209175634098.jpg



後ろに軽トラいてたんですけどちゃんと止まってくれて良かったー。

しかし転けかたがダサすぎて恥ずかしーて思いながら歩道に逃げたら歩道のほうが凍ってやんのwそこでも滑りましたよ。


もうコントみたいでダサすぎ。


結局ウェアが上も下も削れるわヒザが血まみれになるわディレーラーハンガー曲がるわで散々。

今回は止まりかけのときやったから被害が少なくて良かったですけど。いやまあ良くはないな。



毎日この橋通ってますけど後にも先にもあんなツルツルやったことないです。気温がもっと低いときでも。

条件があるんでしょうねー。( ;´・ω・`)







ぼくはそこそこの年数乗ってるわりには落車は少なめとは思います(説得力ないけど)


でもまあやっぱり何度もあります。



救急車のお世話になったことも。そのときは3週間ほど入院するはめに。


それは夜勤の通勤中でした。街灯少な目の車道になぜか黒ずくめのおっさん(酔っ払い)がうずくまってたらしく、そのおっさんに激突してぼくが大回転。

当時は今みたいな明るいLEDのライトとかなかったから全然見えなくて、気がついたら宙を舞ってました。

そのときはおっさん殺ってもうた!という恐怖と興奮で必死になって走ってるクルマ止めて助けてもらったんですけど、ぼくのほうが骨折するわ、顔面血まみれやわでヒドかったというw

しかしあの時の通りすがりのにいさん、ほんまよう止まってくれたで。夜中に血まみれの男がおーいとか言うてクルマ止めようとしてたんやもんw

そのときのぼくが受けた診断が顔面骨骨折と頭部損傷他いろいろ。フランケンみたいに顔縫って、ビートたけしみたいに顔歪んでるし、あちこちから変な汁でてるし。もう顔は元に戻らんと覚悟しましたわ。

たぶん今ぼくが男前なのはこれのおかげでしょーね。え?





よく落車は付き物とか、仕方ないとか言いますけどこれはあくまで自分を納得させるための言葉やと思います。


やっぱり落車はないほうが良いに決まってます。


とは言え外で自転車乗る以上、リスクを無くすことはできません。

なのでできるだけリスクを減らす努力をせなあきませんね。

安全装備や走る環境、走り方。ちゃんと考えて乗らないとダメです。


時には引き返す勇気、乗らない勇気さえもいるかもです。



今回、凍結路面でスベって改めて思いました。


ちょっとでも危険な要素があって不安なら全く乗らないという選択肢もありやと思います。

凍結だけでなく、雨や、猛暑、極寒、交通渋滞いろんな要素がありますよね。


乗るべきか乗らざるべきか、よく考えたいと思います。漫然としてたらダメですね。

グループライドを主催するときは特にそうです。

人それぞれ、レベルの違いがありますし、不安に感じるところも違います。

気を付けなきゃ( ´~`)ゞ



個人的にはぼくは近所のトレーニングに関しては雨の時はできるだけ乗るかな。ウェットな路面で乗る技術は他にもいろいろ活かせると思ってます。

ブレーキが効かなくなるし、登りでは重心が取れてないと空転するし、コーナーでのバランスが悪いと滑るし。

そういうのを慣れた道で余裕を持った上で経験しとくのは良いですね。

そういう技術を身に付けとくとトレーニング中やロングライドの先での不意の雨や、悪天候にも落ち着いて対処できます。


安全に帰るための技術は勝手には身に付かないですよ。


それと保険!これはほんと大事です。

GSJに参加する条件て別にないけど、これだけは各自しっかりかけといてくださいね。必須です。

ぼくはこの点特に詳しいわけではないけど経験したことは話せます。また聞いてください。



落車マンがエラソウにに言うてますけど、ぼくもいろいろ経験してきたんで…残念ながら。


あと、まわりでも最近落車や事故の話をよく聞きます。ほんとお気をつけください。そして一刻も早い回復を願ってます!








スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する