FC2ブログ
ペダルふみふみ。
ロードバイクに乗ると手(脚?)を抜けません。今日も信貴山界隈でゴリゴリペダル踏んでます。
FRAT練 くるくるまわる
こんにちは、あだっちゃいです。


先日の日曜日ははりちゅうのレースの予定でした。

が、あの西日本を襲った集中豪雨でもはやそれどころではなくなりまして。

異例なことに前日にレース中止が決定。

正しい判断だったと思います。


自転車に乗ることもままならない多くの方がまた楽しく走れるようになることを祈ってます!






てなこともありまして日曜の朝は雨も止みましたので前日より調整していたとおり堺浜でFRAT練をしてきました。



あぁ、このレース欲をどうしてくれようか!

とレース中止決定直後は思ってましたがサッカー観たりツールドフランス観たりしながら、レース終わるまで飲まん!と決意していたビールを解禁して飲んで寝たら、レースの熱意も冷めまして。


翌朝ぶらぶらと堺浜へ。


20180714120015a31.jpg




まあみんなこの雨にうんざりしてたのか朝もはよからいっぱい集まってきましたし、すでに何周も走っている人たちも。


masabowちゃんが主導して適当に組分けして、いざスタート。


ぼくはそれほどヤル気もなかったのに一番速い組に入れられますが、スタート直後に前を走ってたくにさんの泥よけが目の前で飛んでいきまして。くにさんは気付かずグワァーとそのまま走っていきましたので




もうーしゃあないなー。┐(´∀`)┌





とストップして拾いに行き、後続のグループにジョイン。





仕方無くだからね!( *´艸`)


7人くらいやったかな?ローテしながら6周ほどくるくると回しながらくるくると回りました。


しかし一口にローテとは言ってもなかなか難しいようで。

慣れてないとギクシャクするんですよね。

ついつい先頭に出ると



ワイがみんなを引っ張るんや!うぉー!


と頑張りすぎたり、



もうダメ!先頭代わって~


とヘロヘロになるまで先頭で走って疲れたから交代とか。


それは違いますよ。


それはエースを勝たせるためにゴール前でアシストがやるやつですからね。


ふつうの先頭交代はみんなでできるだけ楽に速度を維持するためにやるやつなんで、自分だけ疲れてたら損ですよ。

慣れてる人は大きな声では言いませんけど、自分が楽に走れるためにローテやってます。

例えば7人で一人20秒ずつ走れば2分は休めるんですからね。

自分の番の20秒だけ踏めばいいんですよ。

それに先頭で疲れるまで前に居座ると速度が落ちますよね。で、次の人が前に出るときにそれまでのスピードに戻そうとすると踏まなくちゃいけなくなる。するとスピードが上がったり下がったりしてギクシャクする。結果集団で走ってるのに疲れる。ということになります。
疲れるとフラついたりしてあぶないですし。

先頭を代わるときは自分から明確にサイン出して走行ラインも変えることも大事ですね。

そうしないと2番目の人がスピード上げないと前に出れないんで。

あと代わったばかりの先頭や2番目の人が左に寄るのが早すぎることもよくあります。それが早すぎると先頭を交代して後ろに下がっていく人が左端に挟まれちゃって、最悪ハスったり障害物に対して逃げ道を失ったりするんで要注意。

日曜に感じたのはそんなとこかなぁ。


これが上手くなるとレースはもちろん、グループライドでも絶対に役に立つと思います。

勿論並列に走ることはできませんけど交代のタイミングとかペーシングとか、周りを見て空気読むこととかはこういう地道な練習の上に成り立つもんやと思てます。

ローラーじゃこういうことは練習できませんもんね。強くなるだけじゃなく上手い自転車乗りになりましょ!

少佐ともよく言うことですけど昔はこんなこと、当たり前のように怒鳴られながら教えられたもんなんですよ。


最近は指摘されたり提案しただけでイヤな顔されることもあるみたいで、それやからなかなか上手くならんのですよね。

ぼくはそのへんの空気はあまり読めんので気がついたら言いますけど。



て言うぼくもまだまだです。ぼくの言うてることも所詮受け売りなんで、下手なことしてたら言うてください。

お前、8の字からやり直したほうがええんちゃうかとか本気で思たら遠慮なしに言うてね。


というわけで色んなこと学べたFlatなFRAT練でした。





あ、そういや帰りにくにさん、masaちゃんと寄った堺の喫茶店ラックのたまごサンドが美味すぎでした。



20180714120022014.jpg


201807141201373f1.jpg




一パック半入って450円は安い!( ≧∀≦)ノ


また食べたーいヽ(o´3`o)ノ

オススメ!




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する