FC2ブログ
ペダルふみふみ。
ロードバイクに乗ると手(脚?)を抜けません。今日も信貴山界隈でゴリゴリペダル踏んでます。
美山サイクルロードレース
こんにちは、あだっちゃいです。

2週間前になりますが美山サイクルロードレースに参加してきました。

美山はもう30年続いていてクラシックと言ってもいい伝統ある市民レースです。

今回ぼくは初参加。

まあまあ歴も長くなってきましたし、コースプロフィール的にも好きなコースなので意外っちゃ意外です。

まあタイミングがありますよって。


参加するカテゴリーはC2。一周10キロのコースを4周、約40キロです。

初めてなので何とも言えませんが実力やコースからして上位に入る可能性は十分あると思ってました。


なのでけっこう本気モードで準備しました。

どれくらい本気やったかと言うと


ビールを2週間止めるくらい。


これは凄いことですよ、奥さん!


そしてその間の夕食もサラダとサラダチキンのみ

最近たるんでいた身体を引き締めました。


しかしトレーニングはそれほど意識せず、きっちり乗り込むことだけ意識して。


そしてなんと言っても今回劇的に変わったのが愛車!



kokoroちゃんに譲ってもらったドグマ F8!

まさか自分がこんな凄いハイエンドバイクに乗れることになるとは思ってもみませんでした。

この話が決まってから、なんかもう夢を見ているようでフワフワしてましたし、実際受け取ってフレーム眺めてるだけでも酒が進むでって、この話はまた改めて書きます。




そんなこんなで準備万端。

当日は試走もしたいので朝早く4時前に出発して5時半に到着。予約早い者勝ちの駐車場はメイン会場真横の好立地でした。


程なくして今回同じカテゴリーのmasabowちゃんと大仏さんも到着。C4に参戦のかおさんも一緒にコースの試走へ。

大仏さんは去年C3で表彰台上がってるんでコースについていろいろ教えてもらえます。


と、思ったら、ちょーちょーちょーっと待って!

いきなりペース上げ始めるもんやからスロースターターのぼくやマサちゃんは悶絶、泡吹いてましたw

それでも一緒に走ってもらってタメになりました。落車ポイントとか落車ポイントとか落車ポイントとか。


終盤の勝負どころの九鬼ヶ坂では大仏さんもマサちゃんもめっちゃ速いからまた泡吹きました。


うーん特にマサちゃんはこれ、仕上がってるぞ。

毎日のように一緒に走ってて感じてましたが、これはもう認めざるをえません。

でも楽しみだ!


もう一周軽めに走って試走もアップも完了。

なんせ一周10キロあるんで2周も走れば十分。



その後もゆっくり余裕を持って準備して早めに招集場所に向かいます。


ここでkokoroちゃん、けつおちゃん、オオタちゃんたちが自走で応援に来てくれました。

嬉しいです。他にもアキくんとかいつものようにカメラ担いでマルちゃんもウロウロ。


みんなでダベってたら、


腹が減ってきました


なんでかな?けっこう食べてきたつもりなんやけど

そしたらkokoroちゃんが食べます?とオニギリ一つ。なんて優しいんや。


ありがとう!きっとこのエネルギーは表彰台の階段を上がるパワーに変わるだろう!(レースには間に合わない


とかやってるうちにカテゴリー詐欺疑惑のカメさんがきっちりC4でダントツの勝利。盛り上がります(いろんな意味で


そしてさあ、いよいよスタートです。


さんざん待たされた反面スタート位置に着いたら1分くらいでスタート。

思ったより早くてビックリ。

今回並んだ場所は中途半端に早く行ったから、ほんまにど真ん中でした。

200数十名のど真ん中は恐いよー。

ナニされるかわからんよー。


と思ってたらやっぱりリアルスタート前のローリングで落車発生ww

そんなに急いでどこ逝くの?


リアルスタート後もなかなかカオスな集団。40キロあるんやし、最初からそんなガツガツしなさんなって。


しかしやっぱり公道を走るレースはいいですね。これぞロードレースていう感じ。

走ってて楽しいです。

楽しさを感じつつ一周めの九鬼ヶ坂へ。

ここは900メートルほどで、勾配は9%。

短いし変速リスクを考えたらアウターでいくのが無難かなーと言うくらいのとこです。


一周目では周りの人たちの脚をチェックしながら淡々と。

ちょっとペースは速かったけど、まあ自分の前で走ってる人たちはまだまだ余裕があります。当たり前やけど。


しかしこんな坂の一周目で早々にちぎれてる人たちは何を思ってこのカテゴリー選んだんやろ?思い出作りなら前で邪魔せんといてほしいもんです。

実際ここでも落車が起きてました。必死になって下向くし、最短ルート通ろうとして斜行するし、それ避けようとしてスライドしてくるし。


とにかく巻き込まれんように。

マサちゃんも近くで淡々と走ってました。大仏さんもなんとか粘ってます。


そしてキーポイントの下り。


んー、どうもビビってるのか周りの人たちの下りは遅かったです。

そしてなぜか左車線キープでお行儀良く一列になって下ってはりました。


というわけで、ごっつおさんと右から一気に前に行きます。


こういう場面ではデブってて良かったと思いますね!

すぐそばで同じスピード出てたマサちゃんも同じこと思ってたでしょうね!


そんな感じで2周目も3周目も特に動きもなく、集団の中で淡々と。

200人超えから考えたら減ったとは言えまだまだ集団は大きいままです。


コントロールラインの辺りは少し狭いので集団の密集具合が増すのですが、ここのゆるいカーブでブラケット握ってるぼくの右手がだれかの手に触れました。

ワイ「あ…ごめんなさい!」

相手「あ…!」



と新たな出逢いが生まれる瞬間かと思いましたが


相手=マサちゃんでした。


おい!お前か!

そないぴったり一緒に走らんでもええやんけ!

ガハハ


とまだまだ余裕ww


レース展開の方は、時折前に飛び出す人がいるも決定的なのはなし。


大きな集団のまま最終の4周回目へ。


ここで登りまでに前に出といたほうがいいかなと思いつつ、スケベ心で集団の中でぬくぬくとしてしまいました。


そんなわけで九鬼が坂入る頃になっても集団の中盤あたり。


そこでやっぱりかかり始めます!


近くにいたマサちゃんと同じようなタイミングでふみふみ。一気にゴボウ抜きして前へ前へ!


なんとか先頭のひとかたまりが手に届きそうなとこまで追い上げます。


このときの僕ら二人のタイムはなかなか良かったようでC1のペースとも遜色なかったみたい。


でもそれを後ろから追い上げるのだけに使ったらもったいないですよね。


しかしあとは得意の下り!

下りでもしっかり踏んで飛ばしていきます。


なのに前にいた子が小柄で遅い。ラインを塞がれてちょっとイライラ。


やっとコーナー抜けれる!ここでもう一回踏み直しや!


と思ったのが焦りになって、なんと右ペダルを路面にヒット!


バランスを崩してうわっと思いましたがなんとか立て直して踏み直し。


これはホンマに反省です。

自分のポジションのまずさにイライラしてしまって、下手したら周りを巻き込みかねないことをやってしまいました。


直後を走ってたのが上手いマサちゃんで良かったです。ゴメンよ。


しかしそこからなんとか立て直して下りでも思いっきり踏み切って追走。マサちゃんを従えて先頭グループに取り付きます。


そして鋭角コーナーを無事にこなしてあとはド平坦!


さあ!どうする!ww



残ったけど集団はトップスピード。ぼくは中盤。

いつもならここで早めのアタックなんですが、ここでまた消極的なスケベ心が。


小集団ならワイでもスプリントしたら年代別でちょっとは引っ掛かるんちゃうか!


とアタックを躊躇ww


いよいよゴールが近づき、各選手スプリントに備えて位置取り争いが熾烈になります。


と、ここで押し出されて、というよりインで押し込められてジ・エンドw


マサちゃんはキッチリ身体をねじ込んで前に出てます!


ふと横を見たら


ええ!めちゃ集団デカくなってるやん


テンションだけ上がってて周り見えてませんでした。

そのまま「前の方」でゴールしただけ。


マサちゃんはええ位置でスプリントしてます!トップは取れてないけど表彰台はイッタな!


んー、それならマサちゃんのために前をもっとひいたったら良かった。


すまぬ。



というわけで自分的にはなんともしょうもない総合19位、年代別8位という結果。



マサちゃんは年代別で優勝しててホンマにオメ!

ちゃんと照準を合わせて準備してトレーニング積んできた結果を出せたんやからスゴイです。

これまでロードレースでの実績はあまりなかったけど一気にスゲェやつ取りよったわ。


大仏さんもしっかり完走して次に繋がるイイ走りしてました。



美山。初めて出ましたけどイイですね。楽しい!



しかし悔しい!!


次こそ頑張るぞー


















スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する