ペダルふみふみ。
ロードバイクに乗ると手(脚?)を抜けません。今日も信貴山界隈でゴリゴリペダル踏んでます。
堺浜クリテ第一戦 スポーツⅠ
こんにちは、あだっちゃいです。

今日は堺浜クリテ第一戦のスポーツⅠクラスに参加してきました。



201612172231476b2.jpg



マトリックスが主催してて、冬のトレーニングがてら気軽に参加できるイベントですね。

ぼくは初めてでした。

ほとんどのカテゴリーで定員いっぱいになるほど人気なんですね。



今日は残念ながらいつものマネージャー兼応援の嫁さんはDNSです。(´・д・`)

クルマも使うとのことなので、久々に自走で行くことにします。


今日は天気もええし、のんびりポタポタ身体あたたまってちょうどいいわー。

て思うてました。









めっちょ向かい風やんけー(TдT)








20161217223153a0b.jpg


真正面からの爆風が行く手を阻み、25㌔出すのに精一杯です。(;´Д`)ハァハァ

30㌔ほどの道のりですが、これで思いの外疲れてしまいました。

んー、失敗。

masabowくんにも、

レースあるあるやなーってm9(^Д^)プギャーされました。_| ̄|○



息も絶え絶え到着すると(大げさ)

ちょうどくにかつさん、やまちゃんさんたちの出るカテゴリーが始まる頃でした。

受付したり、ゼッケン付けたりしつつ観戦してたのですが

出番待ってる間がまためちゃめちゃ寒いんです。


次のレース参加の大仏さんや、応援に来てくださったメガネさんとブルブル震えながら待っていると、ようやくコースオープンになり試走できるようになります。

ぼくはこのコースは初めてですし、寒いのでしっかり試走します。

途中で同じカテゴリー参加のチームホワイトのヨシさんとも合流してダベりながら走ります。

で、時間いっぱいまで走ったのですが後から考えると、









アップはもう会場入るまでに終わってたんやった…






つまり試走はコースの下見だけで良かったんです。

うん、アホでした。( TДT)


なんか初心者みたいなミスを続けてました。
(計測チップのタイラップをスポークごと縛ってしまい、受付まで自転車担いで走ったのはナイショです)( ̄b ̄)



そんなこんなでレーススタートです。

このイベントは全てのレースでマトリックスの選手たちが一緒に走ります。

なのでこれを上手く使うことが勝つためのカギになるみたいですね。


特に今回はバックストレートが強烈な向かい風なのでだれも牽きたがりません。

マトリックスの選手たちの作るペースに合わせます。

でもその分、追い風のホームストレートでバックストレートの向かい風で楽するための位置取り合戦が毎周回ごとにあるというインターバルに耐えなければなりません。

それで良い位置を確保してバックストレートに入るとペースが落ちて楽できるというわけです。


でもマトリックスの選手たちも朝から走り続けて疲れてきたのでしょうか、人数も減ってますし揺さぶるような動きもありません。

結局終盤まで大きな動きも無く進んでいきます。


このままやと集団スプリントで終わるなー。

それは避けたいなーて思うてたら


残り3周のバックストレートでマトリックスの選手がスルスルとアウト側から上がっていきます。

もう、コレや!て思ってそれに乗っかって集団から飛び出します。(;´Д`)


4位で終えたターボさんもこの時、あのまま逃げられたらヤバい!て思ってたみたいです。


でも1/3周ほどいったところでマトリックスの選手がフワッと踏むのやめてしまいました。


なんかこのレースに慣れてないぼくは ?!?!てなってしまいました。



えーそうなんやー( T∀T)



つまり集団から抜け出せたら後は自力でイケよ!ていうことやったんですね。

このシステムを理解してないぼくは、なんかようわからんままマトリックスが牽く集団にまた飲み込まれてしまうわけです。


もうそのあとはスプリントに備えて集団内で回復を試みますが、残り1周半で時すでに遅し。┐(´д`)┌

最後は集団最後尾でゴールです。


優勝争いは4人が横一列のガチスプリント対決でした。


これはアカンやつや。


ヨシさんも上位でゴールされてました。


ターボさんと言いヨシさんと言い、やっぱり流石ですわ。



んー残念。


飛び出すとこまでは積極的やのに、どーも思いっきりが足りんなー。

これは今後の課題ですね。




レースの形態としては、んーあまり好きではないです。

やっぱりレースがコントロールされてることに違和感あります。

それがプラスになることもあるんですけどね。



でもこの時期に開催されてることは素晴らしいです。

この時期をオフの期間にする人もいますが、趣味にオフは無いって言う人も少なからずいますからね。σ(^_^;)


ぼくもまた出てみたいて思いました。



やっぱりレースは最高の練習になると思います。

同じようなレベルの人とクローズドされたコースで限界まで出し切ることなんて普段できませんからね。



みなさん、お疲れ様でしたー。そしてTwitterでの応援もありがとうございましたー。

















スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する