ペダルふみふみ。
ロードバイクに乗ると手(脚?)を抜けません。今日も信貴山界隈でゴリゴリペダル踏んでます。
BONT BLITZ  ボント ブリッツを買いました
こんにちは、仇っちゃいです。

人のKOM取ってばかりいたらツイッターでこんな名前が定着してしまいました。


人の恨み辛みはコワイですね。((( ;゚Д゚)))



で今日のトピックですが

最近、靴を買いました。( ・∀・)ノ

ロードシューズです。



買ったのは、コレ。


20170218095014d54.jpg


大木でもなく


ジェームズでもなく



タイトルにあるように



BONT BLITZ (ボント ブリッツ)です。




今回シューズを買い換える気になったのは、今までのシューズがかなりぼろぼろになったからなんですが

ほんとよくもちました。



今まで履いていたのはガエルネというイタリアのメーカーのものです。


相当履いたし、いつ買ったんやろて履歴を調べてみたら、なんと5年前でした。


けっこう使えるもんですね。(* ̄∇ ̄)ノ


で、5年使ったロードシューズがこれです。


2017021809485948d.jpg


ベルトは2年目ぐらいで金具が壊れて針金で留めてました。


中は…((゚□゚;))


20170218094837585.png



もはや禁止画像です。モザイクかけときました


これはアカン。


まあ、古い靴の話はいいか。




でもガエルネは履きやすかったですよ。

日本人にも合うんじゃないかな。



実はぼくの足は特長がないんです。


幅広くもないし、特に甲が高くも低くもありません。


足形は人差し指が一番長いギリシャ型です。


なので欧米ブランドのものでもたいてい履けます。


かえってワイドな靴やと広すぎてダメですね。


今まで履いたのもディアドラ、ナイキ、シディ、シマノ、スペシャライズド、ガエルネなど

脈絡もありません。



このガエルネも海外通販で適当に買ったものですし。


ちなみにサイズは42です。シマノが41で、ノースウェーブが41.5でしたね。ナイキは26㌢。

幅はE~EEくらいです。





で、色々物色してました。


色んな店で試着しまくって、買いそな素振りを見せつつ悩みつつ帰るという高等テクニックを駆使しまして


ピックアップしたのが、シマノの新しいボアダイアルのやつや、海外通販で安いノースウェーブ、履き慣れてるガエルネ、シディなど。


悩んで結局シマノのRC7の41にしようかと思いポチりかけたのですが



少し前にマーリンサイクルで見たボントの靴を思い出しました。


そのとき1マンちょっとと安くて気になってたのですが



今回見たら1マン切って9500エン。



さすがに安っ!てなって


この値段ならダメ元で試してみようとポチりました。


いつもの沖縄の連れがボント大好きなんでちょっと相談したりもしました。




で、1週間ほどで到着。


マーリンさん仕事早いですね。



届いた靴はこんなかんじ。

20170218095007857.jpg
20170218094958548.jpg
20170218094951247.jpg
2017021809494326b.jpg
20170218094935e8d.jpg
20170218094928002.jpg
2017021809491995b.jpg


ボアダイヤルで調整がしやすいですね。


アッパーはメッシュになっているので、その分がハイエンドのヴェイパーより少し柔らかいと思います。



シューズ自体は噂にたがわずメチャクチャ硬いです。( ゜o゜)


木靴みたいって言うけど、ほんまそれ。


ソールが板ではなく舟型なので、全然曲がる気配がありません。



そんな靴は痛くないんか?てなりますけど


そこはボントの特長の、熱成型で足の形に自分で合わせていくから大丈夫なんです。




でもぼくは履いてみて、それほど当たるとこがありませんでした。


んーこのままでもいけるっちゃあいける。




サイズは42にしたんですがつま先はギリギリでした。


全体的に余裕がありません。




で、早速熱成型してみました。



ボントの説明によるとオーブンで70℃で20分。


これ間違えちゃダメですよ。友達は70℃のボタン押したら


それは庫内を70℃にするんじゃなくて入れた食べ物を70℃に温めるボタンやって


シューズから煙出て溶けたらしいので。(アホです





うちの高級オーブンレンジにはちゃんと温度設定があるので早速やってみます。



ちょっとドキドキしながらチンッ




温まってホクホクになった靴は美味しそうではありませんが、イイ感じに柔らかくなってます。


すぐにインソールを入れて履いてみます。



201702181041567c6.jpg



んー、あんまり変わらんな。



締めてそのまま待ってみましたけど、あまり整形された感はなし。


というわけでもうちょい温度高めでやってみました。



今度は100℃。念のため7分ぐらいで出してみます。


これでけっこう熱々になりました。


履く前に気になるところをグイグイ押して拡げたり縮めたりしてみます。




おおー履き心地がだいぶ変わったな。




てなことを繰り返して、こんなもんかなというところでやめて次の日走ってみました。



でも立ったり歩いたりするときと、自転車乗るときでは履き心地の印象がだいぶ変わりました。


大事なのは自転車乗るときにフィットすることですよね。



というわけで、今週は毎日家に帰ったらチンッしてました。
(そのたびに嫁さんから、ちょっ!おい、なにしてんねん!て言われてましたけど



今はだいぶイイ感じになってきてますが、もうちょいですかねー。



拡げすぎたり、狭めすぎたり



なかなか自分で整形は難しいです。(*_*)



でもボントは熱成型は何回やっても良いということなんで沼にはまって楽しんでます。(シマノの熱成型はほぼ一発勝負




スペック的なとこはメーカーのページ見てください。


考え方がスゴイですよ。



ブリッツの重量は片側で230㌘でした。かなり軽いですね。



フィット感は良すぎて、その分余裕が全然無いので、それが長距離になるとどう影響するかはまだわからないですね。



熱成型できるとは言えあくまで微調整ですから、そもそもこの舟型のソールに足がはまらないと全く履けないクソみたいなシューズになると思いますよ。


合う人と合わない人がハッキリすると思いますね。


ただこのフィット感やソールの硬さはクセになります。


ダイレクトな踏み味は軽くて硬いホイール着けたときみたいです。


靴替えただけでこんな感じになるのは初めてです。



ちょっとクセのあるシューズですがもうちょい試してみようと思います。( ´∀`)


これで速く走れるようになるかなー


















スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する