ペダルふみふみ。
ロードバイクに乗ると手(脚?)を抜けません。今日も信貴山界隈でゴリゴリペダル踏んでます。
時には昔の話を
こんにちは、紅でもなく、豚でもない、白いゴリラと言われて久しいあだっちゃいです。



今日はちょっと昔の話を。


と言うのも昨日自宅パソコンのデータを整理してたら懐かしい写真がいろいろ出てきまして。

おもしろくてしばらく見いっておりました。


自転車に乗ってる写真ももちろんあるのですが、ぼくが乗り始めたころはスマホどころかデジカメもまだまだ普及してないころなので今ほどは全然ありません。

しかも数年前に一度パソコンがクラッシュしてしまい、デジカメ導入して始めの頃の写真が全然残って無いという哀しい過去を持っております。( T∀T)

でもデジタルのデータで少しだけ残ってました。


20170315063537221.jpg
20170315063625784.jpg



んー懐かしい。( ´∀`)


やっぱり前から全体的に白っぽかったのね( ´~`)ゞ


これは2005年にビワイチやったときですね。

25歳くらい。



このころが一番走れてたなあ。


身体もムダな筋肉も贅肉も付いてないし、よく絞れてます。




この時の自転車はキャノンデールのCAAD5でした。

今でこそメジャーブランドで乗ってる人がホントに多いですが、当時は取扱店も少なくあまり乗ってる人はいなかったですね。

あの白キャノ乗りの子って言われてました。

今は白いキャノンデールの人なんて無数にいますけどね。


買ったときはこれがハイエンドやったんですよ。

当時はマリオ・チポッリーニというイタリアンスプリンターがこれに乗ってスプリントで勝ちまくってました。


この自転車は気に入ってて割りと最近まで持っていましたねー。


コンポは6500系のアルテグラですね。
昨日も仲間内のTwitterで話題になってましたがリア9速でインナーローが39-23。

山に行くときは25t入れてましたけど、レース前なんて最大21tなんてスプロケで練習してました。
今じゃちょっと考えられないですね。( ´Д`)=3

昔は自転車ってゴリラ用の乗り物だったんですよ。
うん、きっと。


ホイールは当時シルベスト住之江店にいたのむらくんに組んでもらった、アルミチューブラーホイールです。

とにかくガチガチで頑丈でしたね。競輪用みたい。

トレーニング用に組んでもらったんですけど、かかりが良くてよく進むんで結局レースもこれで出てました。

リムはカンパニョーロのオメガでハブは77デュラでした。


このホイールは事故でポシャって処分しましたがハブだけでも置いといたら良かったな。



当時まだまだクリンチャーよりチューブラーのほうが性能が良く、値段も安かったんでチューブラーを常用してましたね。

たしかビットリアで言うとラリーが1000円、ストラーダが1500円、コルサエリートで3500円くらいやったと思います。


そんなこと思うと今は色んなものの値段が上がってますね。



あとハンドルが当時こだわりの丸ハンディープ。いろんな物試しましたね。

とにかくこの時のサドル~ハンドル落差がスゴイ。

今は身体が固くなってこんなポジションはムリです。




なんか機材の話ばっかりになっちゃった。


少ないけどこんな写真あるんでまた上げてみます。興味ある人ほとんどおらんやろけど。( ´~`)ゞ




スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する