ペダルふみふみ。
ロードバイクに乗ると手(脚?)を抜けません。今日も信貴山界隈でゴリゴリペダル踏んでます。
雨のFRAT
こんにちは、あだっちゃいです。

今日は日曜日なのでいつものFRAT練ですが、


久々に雨でした。(*´・д・)



20170410012807716.jpg


とは言うものの、この写真を撮ってることからおわかりかと思いますが、いつも通りスタートです。

今日は朝しか走れませんし、まあルーティンです。


雨の中よう走るわて言われますけど、若いときから雨天走行は何度も経験してきたので、それほど苦にはしていません。


小雨の中いつもの集合場所のセブンイレブンまで行きます。


が、


201704100127338dc.jpg



やっぱり誰も来ませんね。( ・3・)


来るのはがんばれーのツイートばかり。


今日は伊吹山のレースの日やからな、そうや、だからやな。

まあ、いいや。


6:00になったので一人で出発。


今日は今週の不摂生がたたってなかなかキツいです。

21分もかかってゴールしました。


でも、1位です。\(^_^)/


頂上ではゴミ拾いして、集合写真。



2017041001274046b.jpg


なんか今日は少ない気がしますので、トプさんの最近の集合写真でも載せとこう。


20170410012818f90.jpg


一人でも走るトプさんへのオマージュです。(。・д・)ノ



このあとはフラワーロードをフルコースで走り、のどか村まで行きます。



20170410012746327.jpg



ダベりの時間がないので、早く着いたみたいでまだ開いてません。


そのまま休憩なしで周回練をしますが、このあたりからまた雨が強くなってきました。

下りで顔に当たる雨が痛いぐらいでした。\(>_<)/


もう一周行くつもりでしたが、雨の中の走行が2時間越えそうなんで一周でやめときました。

そのまま下って帰りました。

20170410012753490.jpg





で、なんで雨の中走るかですけど、特別な意味はなく、ただ日曜日の朝は走るということが習慣になってるからだけなんです。

好き好んで雨の中走ってるわけでなく、いつも走る時間にたまたま雨が降っていたというだけで。(・ω・)


でも、やはり雨天走行は経験積んでおいて損はありません。

特にぼくはレースにちょくちょく出てるので、当然雨の中開催されるレースにも出ることになります。

そこでやはり気になるのが、雨天走行に慣れてない人がおっかなびっくり参加してることです。

滑るのが怖くて自転車にガチガチにしがみついて走ってる人いますもんね。(´゚д゚`)



雨の中走ると、ほとんどの条件がふだんとは変わってきます。

タイヤのグリップ、ブレーキの効き方、前走者の泥はね、視界の悪さ、ハンドルの滑りやすさ、体温低下による消耗などです。

レースですと、集団の中での選手同士の間隔や、レース展開も変わってきます。


ほんと、あらゆることが変わるのにぶっつけで参加する人がいるもんですからコワイもんです。


仮にレース前にいつもの使い慣れた自転車がダメになって、安物のタイヤが付いてブレーキも効かない自転車に乗らないといけなくなったとしたら、絶対に試走してみるでしょ?

それよりも雨天では条件悪くなるのに、それを知ってて雨天走行の練習もせず参加するのはやめてほしいもんです。( ・ε・)


安全のために雨の中走らない人は雨のレースはDNSって割り切ってるならイイですけどね。


ぼくは雨の対策はちゃんとして走ってます。装備はだいたい前にも書いた通り

今日はレーパンの下に薄いアンダーを履きました(シームレスのパンツ)。これだけでも冷えがかなりマシになります。

最近良いウェアがたくさんありますので、以前よりは全然快適に走れます。

走行のテクニックについてはコツがありますが、文章で書くにはちょっと難しいです。

まあ、ブレーキのタイミングや重心の位置とかコーナーの曲がり方なんかです。

これらはやっぱり慣れと経験ですね。

後輪が滑るくらいでビビってたらダメです。




まあでも危険度は確実に増しますので、全ての人にオススメはできません。(  ̄- ̄)

ただ、やはり雨でもレースをDNSしない人は最低限の練習はしといてもらいたいもんです。


あ、これはレース出る派の人は、ですよ。

ポタ派はわざわざ雨の中走る必要はないです。ずぶ濡れでオシャレなカフェに行っても何も楽しくないですしね。


というわけであれこれ考えながら一人走ったFRAT練でした。

来週はみなさんよろしくー
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する